菓子工房えしろ

カシコウボウエシロ
  • 菓子工房えしろ
  • 菓子工房えしろ
  • 菓子工房えしろ
  • 菓子工房えしろ
  • 菓子工房えしろ
  • 菓子工房えしろ

平戸市崎方町にある古民家を改装した町屋造りの和洋菓子のお店です

定番のものから季節のものまで品揃え豊富な菓子工房えしろさんですが、今回特別にスイーツガイド限定で3商品ご準備していただきました。まず1商品目は「スフレチーズケーキ」です。スポンジがふわふわでしっとりしており、上にはイチゴ、洋梨、ぶどう、オレンジ、りんご、キウイフルーツなど季節に合わせたフルーツがたっぷりのっています。甘さ控えめで口当たりが軽く、味のアクセントに板チョコが乗っています。2商品目は濃厚でしっとりとした「ガトーショコラ」です。3種類の生クリームをブレンドしたこだわりのクリームの上に自家製のマカロンが乗っています。3商品目はふわふわスポンジにオリジナルブレンドした北海道生クリーム、季節に合わせたフルーツがのっている「生クリームデコレーション」です。普段は店頭に並ばず、当サイトでご予約された方にのみお作りされている限定の商品ですので、この機会に是非ご予約ください。 築100年以上!古民家をリノベーションした雰囲気のある外観 長崎県の松浦鉄道西九州線「たびら平戸口」駅から車で12分のところにある古民家を改装した町屋造りの和洋菓子店です。平戸大橋を渡り、「岩の上大橋」信号から国道383号線に沿って1.2kmほど北に向かうと、小さなロータリーがあり、さらに180mほど直進し、交差点がある信号を右折します。海沿いを850mほど進んだところに「平戸市観光交通ターミナル」さんが見えてきます。左側の細い路地に入り、趣を感じる建物が立ち並ぶ一角にあるのが「菓子工房えしろ」さんになります。表にある存在感のある一枚板に書かれた店名は書道の先生にお願いして書いてもらったそうです。 自然のまきの木を使用した柱が素敵!古民家のいいところを生かした作り 古民家の一部を程よく残し、リノベーションされた白壁を基調とした明るい店内は、どこか落ち着く雰囲気を醸し出しています。入口から入り、中央と左側に焼き菓子やギフトコーナーが並んでおり、奥にこだわりの生菓子が入ったショーケースが設置されています。季節ごとに店内の装飾も変えられており、アットホームな空間が広がっております。 ショーケースは生菓子が常時20~25種類以上!季節のケーキも豊富です ショーケース内にはカットケーキ、ロールケーキ常時20~25種類の生菓子が並びます。定番のものから季節のものまで豊富なラインナップで、中でも人気の商品は渋皮栗がたっぷり入った「モンブラン」だそうです。その次に人気の「がっつりティラミス」「ガナッシュ」と続きます。オススメは米粉を使用したきなこの生地に粒あんと生クリームが入った「きなこロール」です。自家製粒あんを使用した菓子工房えしろさんこだわりの商品です。 和菓子づくりの技術を生かしたスイーツづくり パティシエの江代さんは以前、和菓子店で8年間、和菓子作りをされた経験をお持ちだそうで、その経験が「菓子工房えしろ」さんのケーキ作りに生かされています。例えば通常フルーツなどの上に空気に触れるのを防ぐためにナパージュ(ゼリーのようなもの)が塗られていることが多いですが、菓子工房えしろさんでは和菓子に使われる寒天液が塗ってあったり、きなこロールに入っている「粒あん」は完全自家製で作られていたりと、和菓子の技術が詰まっています。 観光のお土産やギフトにぴったりの「平戸ひらめサブレ」 クッキーやドーナツ、マドレーヌ、タルトなど焼き菓子のラインナップも豊富で常時30種類ほどあります。特にオススメは冬に行われる、ひらめ祭りにちなんだお菓子「平戸ひらめサブレ」です。平戸の塩と小麦粉を使い、特産のひらめをモチーフに作られていて、とても可愛くお土産にピッタリです。当サイトからは箱詰めされた「平戸ひらめサブレ 10枚詰め合わせ」がご予約いただけますので、気になる方はぜひご利用ください。

  • 店名

    菓子工房えしろ (カシコウボウエシロ)

  • 住所

    長崎県平戸市崎方町835-5

  • 営業時間

    日曜日:09:00〜18:30, 月曜日:09:00〜18:30, 火曜日:09:00〜18:30, 水曜日:休業日, 木曜日:09:00〜18:30, 金曜日:09:00〜18:30, 土曜日:09:00〜18:30, 祝日:09:00〜18:30

  • 定休日

    水曜日

  • 駐車場

    なし

  • 情報提供元:EPARKスイーツガイド