ひつじ茶房

ヒツジサボウ
  • ひつじ茶房
  • ひつじ茶房
  • ひつじ茶房
  • ひつじ茶房

路地裏にたたずむアットホームなカフェ

閑静な住宅街の路地裏にお店を構えられているひつじ茶房さんは、「知る人ぞ知る、隠れ家のようなカフェ」として地元のお客様に親しまれています。アットホームな雰囲気の店内は、児童文学作家であるオーナーのお父様の作品をはじめ、数々の本が並んでおり、まるで本の森にいるような空間が広がっています。ひつじ茶房さんでは、果物本来の味をいかしたノンシュガーアップルパイやチーズケーキ、パウンドケーキ、コンポート、焼き菓子など豊富なスイーツをご用意されています。当サイトでは、さまざまな種類のチーズケーキ、ノンシュガーアップルパイのご予約が可能です。ご自宅でのティータイムのお供に、オーナーお手製のケーキを、召し上がってみてはいかがでしょうか。 阪急神戸線岡本駅から徒歩2分!秘密基地のようなカフェ ひつじ茶房さんは、阪急神戸線岡本駅から徒歩2分の場所にあります。神戸方面行ホーム側の改札、岡本駅南口を出て左折し、踏切のある突き当たりを右折、駐車場横の小道に入ります。直進すると、左手にひつじ茶房さんがあります。清風園という建物の2階です。ベランダのテントと、清風園入り口横の柵にある、「ひつじ茶房」と書かれた立て看板と黒板が目印です。 日々の喧騒から切り離された空間で、スイーツをお楽しみいただけます アパートのひと部屋を改装した店内は、アットホームな空間が広がっています。グラフィックデザインのお仕事もされているオーナーが営むひつじ茶房さんは、 「生まれ育った地元の岡本に自分の場所を持ち続けたい」 という想いをきっかけに作られました。ひつじ茶房さんでは、砂糖、バター、卵を使用せずに仕上げたパイ生地に、リンゴをたっぷりと詰めこんだノンシュガーアップルパイやこだわりのチーズケーキなど、やさしい味わいの広がるスイーツを提供されています。 「甘いものや、本に囲まれてゆっくりとした時間を過ごしてほしい」 と日々丁寧に作られたケーキを、ぜひ一度、味わってみてはいかがでしょうか。 オーナーの想いのつまった「ひつじ茶房」さん 店内の本棚にはたくさんの絵本が置かれています。その中には児童文学作家であるオーナーのお父様の作品も。小学校の図工教師をされていたお父様が作家としてデビューするきっかけとなったのが岡本にあった「ひつじ書房」という老舗の児童書籍専門店。惜しまれつつも2017年に閉店されましたが、ひつじ茶房さんが2007年の開業の際に、ひつじ書房さんから店名を分けていただいてこの店名になったそうです。

  • 店名

    ひつじ茶房 (ヒツジサボウ)

  • 住所

    兵庫県神戸市東灘区本山北町3-13-26清風園2階

  • 営業時間

    日曜日:休業日, 月曜日:09:30〜17:00, 火曜日:09:30〜17:00, 水曜日:09:30〜17:00, 木曜日:09:30〜17:00, 金曜日:09:30〜17:00, 土曜日:09:30〜17:00, 祝日:09:30〜17:00

  • 定休日

    日曜日

  • 駐車場

    なし

  • 情報提供元:EPARKスイーツガイド