明治橋 あまな

メイジバシアマナ
  • 明治橋 あまな
  • 明治橋 あまな
  • 明治橋 あまな
  • 明治橋 あまな
  • 明治橋 あまな

文久3年創業。老舗の伝統を守り続ける、銘菓「でっち羊羹」発祥の店

イチオシ商品は、北海道産の小豆を使い、一本一本丁寧に作られた滋賀の銘菓「でっち羊羹」です。生の小豆餡に小麦粉を練り合わせ、天然の竹の皮で蒸し、作られています。創業時から徹底して「手作り」にこだわり、毎日の気温や湿度に合わせて微調整をすることで、伝統的な味を守り続けていらっしゃいます。かつては大正天皇妃であった貞明皇后に献上したこともあるそうで、近江八幡の銘菓として県内外から大好評。観光や散策がてら、お土産として購入される方が数多くいらっしゃいます。 店舗からの一言 文久の時代から、和た与はここ近江八幡で手作りのお菓子を作り続けてまいりました。「でっち羊羹」「ういろ餅」などは、地域の方々だけでなく、滋賀県の皆様、また県外のお客様からも好評をいただき、とても嬉しく思います。本店から徒歩3分ほどのところにあるカフェ「明治橋 あまな」では、自慢の和菓子のほかに、パフェやようかんなどのスイーツ、うなぎといったお食事メニューもご用意しております。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。 皆様のご予約とご来店を、心よりお待ちしております。 近江八幡駅からバスで6分。お堀沿いにたたずむ一軒家カフェ 明治橋 あまなさんは、東海道本線 近江八幡駅からバスで6分のところにあります。近江八幡駅から乗車し、「新町」停留所で降車します。バスを降りた後、魚屋町通りに向かってまっすぐ進み、最初の角を左に曲がります。明治橋の前で、もう一度左に曲がると、すぐ左手に見えます。開業当初は石畳の小路エリアにありましたが、2019年6月に移転し、リニューアルされていますので、お間違いないようご注意ください。近江八幡の観光がてら、お堀を眺めながら休憩するのにピッタリです。駐車スペースも3台分用意されていますので、お車でも気軽にご来店いただけます。 近江八幡散策のお土産には、名産品の詰合せがおすすめです 赤をポイントとした店内はゆったりと広く、伝統的な和の建築でありながらもスタイリッシュでモダンな雰囲気が広がっています。名物の「でっち羊羹」をはじめとした商品は、入ってすぐ右手の販売スペースに並べられています。もう一つの看板商品である「ういろ餅」は、定番の「白・抹茶味」「黒糖味」のほか、秋冬は「柚子味」、春は「さくら味」など、季節限定のフレーバーも登場します。また、箱入りの商品も多く、ご要望に合わせた組み合わせも対応していただけます。和菓子だけでなく「赤こんにゃく」といった特産品も購入することができるため、近江八幡を訪れた際のお土産にもピッタリです。 伝統的な手作りの味で、ご家族やご友人と和みのひとときをお過ごしください 創業当時から「手作りであること」にこだわり、その味を守り続けてきた和た与さん。店名の「和」には、「お菓子を通して、家族や友人と和みのひとときを楽しんでもらいたい」という意味が込められています。そして、「その『和』に少しでも関与したい、与(あずか)りたい」という想いから、「和た与」という名が付けられました。かつては大正天皇妃であった貞明皇后に献上したこともあるという伝統のお菓子は、現在も滋賀県内のみならず、全国各地のお客様から変わらぬ人気を誇っておられます。

  • 店名

    明治橋 あまな (メイジバシアマナ)

  • 住所

    滋賀県近江八幡市大杉町32

  • 営業時間

    日曜日:10:00〜17:30, 月曜日:10:00〜17:30, 火曜日:休業日, 水曜日:10:00〜17:30, 木曜日:10:00〜17:30, 金曜日:10:00〜17:30, 土曜日:10:00〜17:30, 祝日:10:00〜17:30

  • 定休日

    火曜日

  • 駐車場

    あり

  • 情報提供元:EPARKスイーツガイド