カペル洋菓子店

カペルヨウガシテン
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店
  • カペル洋菓子店

国産無添加の素材にこだわったお菓子は懐かしい雰囲気で広い世代に好評

歴史と伝統のある、カペル洋菓子店さんのシェフは、東京の八幡山と大塚の菓子店で昭和62年に自身のお店をオープンさせるまで、修業を積んできました。その確かな腕前は、カペル洋菓子店さんの歴史が証明しています。お店の名前に使用されている「カペル」とは、スイスのルツェルンにあるカペル橋からとったそうで、シェフがスイスに訪れた時にその木造づくりの橋の雰囲気をおおいに気に入ったことがきっかけでした。お店の看板にも、シェフ手描きのカペル橋のシンボルであるレンガ造りの水塔が描かれており、お店のトレードマークのようになっていて、これもシェフ手描きの「カペル」のロゴもコロンとした形が愛らしくお客さんに愛されています。 シェフの手から生み出されるお菓子たちは、どこか懐かしく気品に満ちています。誕生日やお祝いにぜひ食べたいデコレーションケーキは、これぞ王道といった風格とシンプルさが合わさった逸品です。フワフワでとろけるような柔らかさのスポンジケーキに、濃厚なミルク感がたまらない生クリームで包み、大粒のイチゴがのったまさに正統派のデコレーションケーキです。そのほかの人気商品は、スポンジにアーモンドを使用し、生クリームにはスイートチョコレートを使用した口どけよいチョコ好きにたまらないおいしさのショコラや、モカロール、和栗たっぷりのモンブランなどです。その愛らしいたたずまいに、ショーケースの前で選んでいる段階から迷ってしまいそうです。 また焼き菓子コーナーもショーケースの後ろに並んでおり、まるで美しい宝石を見ているようで見とれてしまいそうです。その中でも一番人気は、ネコサブレで、シェフの大の猫好きであり、犬や猫のイベントで出品されることもあるそうです。そのため、猫好きの間では知られたサブレとして有名で、足ししげく通うファンも多くいます。チョコとバニラをマーブル状にした生地はサクサクで、素材の味をしっかり味わえるおいしさで、多方面から取り寄せ依頼が来るほどの人気商品となっています。お店の内装も茶色が基調となっているので、落ち着いてケーキ選びができるための見えない配慮がなされています。そこにケーキや焼き菓子がところ狭しと並んでおり、思わず笑顔になってしまいます。ギフトはもちろん、ウェディングケーキなども予約すれば対応してくれます。シェフは子供も大人もご年配にも食べてもらえる菓子作りをモットーにしており、それが伝わるお菓子が多いです。材料も無添加で国産のものを使用したり、フルーツも旬のものをふんだんに使用しています。心も体も喜ぶ、どこかノスタルジックなお菓子たちを提供するこのお店は広い世代に受け入れられている洋菓子店です。 (CouponCode対象店舗) どんなご要望にもお応えいたしますのでなんなりとご相談ください スタッフ一同、皆さまのご来店心よりお待ちしております。 黄色と茶色の看板が目印、シェフ手描きのカペル橋のイラストとカペルのロゴがかわいい 建物は白の網目状の外壁に、シェフがデザインした銀色の「Kapell」のロゴがキラキラ輝いており、シンプルながら目に入ります。上についている看板が、こげ茶色をベースに黄色の丸の中に「カペル橋」のイラストと「Kapell」の文字が描かれており、遠くでも分かるような存在感を放っています。この橋のイラストもシェフが描いたもので、どこか懐かしくキュートなタッチが魅力です。すぐそばに交差点がありますが、交差点の向こう側からも「Kapell」のロゴや看板がよく見えるので、迷うことなくお店に行けます。全体に落ち着いたたたずまいで、派手さはありませんが、大通り沿いにあるため、気軽に立ち寄れるのがポイントです。お店は3枚の窓ガラスがついていますが、そこから中のショーケースがよく見えます。窓ガラス沿いには焼き菓子の棚が並んでおり、思わず立ち止まって眺めたくなってしまいます。入り口のドアにはカレンダーやお知らせが掲示されており、お店の定休日などがすぐ分かるような工夫がされています。 茶色を基調としたどこか懐かしい落ち着く雰囲気の中、お菓子がつまった店内でゆっくり買い物 内装は茶色を基調とした落ち着いた雰囲気になっており、どこか懐かしい洋菓子店に来ているようで笑顔がこぼれます。その雰囲気はより一層「カペル」のシンプルで品のあるお菓子たちをより引き立てています。店内に入ってすぐ正面には、大きなショーケースが1台あり、お店に入って左側には焼き菓子コーナーがあり、どちらも距離が近いのでお客さんがその場で、どれにするか、うれしい悩みをもたらしてくれます。ショーケースの中には人気のホールケーキや、モンブランなどの定番商品、そして季節のフルーツをたくさん盛り付けたケーキなどがびっしりときれいに並んでおり、まるで宝石のようです。その後ろには、クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子コーナーとなっており、スチール棚に茶色のチェックやドット柄のクロスの上に置かれています。店内の内装も、ハロウィンやクリスマスのイベントの時は装飾がほどこされ、店内もはなやぎます。センスのあるシェフの飾りつけを大いに楽しみにしているお客さんも多いです。 常時20種類ものケーキがきれいに並ぶショーケース お店の正面に配置されているショーケースには常時20種類ものお菓子が並んでおり、特に季節を問わない定番商品は12種類あり、たくさんのケーキを前に迷ってしまいます。その中でも人気のホールケーキ第1位はショコラです。フワフワのスポンジにチョコとクリームの絶妙なハーモニーが味わえる自家製クリームをたっぷり使用したシェフおすすめの逸品です。第2位はモカロール。第3位の生デコレーションケーキは、生乳感がたまらない、シェフ自信の生クリームをふんだんに使用した王道ケーキです。 ホールケーキ以外のケーキの人気商品は、和栗ペーストを、ラム酒とバターを加えたロールケーキの上にのせたモンブランで、子供でも食べられる商品です。そのほか、プレジール、モカロールも人気で、おすすめしたい商品です。 それでも、ショーケースには種類豊富なケーキがびっしりときれいに配置されており、どれも手に取ってみたくなります。迷った時は、これらの人気商品や、旬の食材を使ったケーキなどを味わってみるのも楽しいです。 国産無添加の素材を使用。厳選されたミルク感たっぷりの生クリームと旬のフルーツ カペル洋菓子店さんのお菓子は、なるべく国産の材料を使用するようにしており、さらに添加物を使わず素材のおいしさを生かしたケーキ作りをモットーにしています。また、ケーキでは大切な素材の果物も旬の果物を使って新鮮な味わいを追求しているので、いつもフレッシュなケーキを堪能できます。また、シェフが自信を持つ素材は、生クリームです。これは、なかざわ乳業の生クリームを使用しており、くどくなくてそれでいて乳独特の香りやうま味が感じられるのでシェフのお気に入り素材のひとつです。 ケーキ屋さんの代名詞であるショートケーキにもシェフのこだわりがあります。それは味も見た目もすべてはバランスということです。たとえ素材がよくてもどこかひとつが際立つようではケーキとして成立しないので、バランスのよい味わいを意識しているそうで、それがお客さんを魅了している理由です。また、衛生面は一番大切にしており、ケーキ作りの基本である仕込みを大事にしていて、基本に忠実にしていると言うシェフ。その素材のおいしさや間違いのない味が何よりもの証拠です。 愛猫家のあいだでも有名なネコサブレは、猫のお顔がキュートな一品 焼き菓子も飽きのこない味わいで、おすすめです。その中でも一番の人気はネコサブレで、この商品は、猫愛好家にも有名な商品で、二子玉川にあった動物テーマパーク「いぬたま・ねこたま」で販売したところ、好評だった商品です。バニラとチョコレートのマーブル状の生地に、猫好きなシェフがデザインした三毛猫のクッキー型で焼いた愛らしいクッキーです。味も優しい味わいでサクサクとしていて口に含むととろけるような食感が味わえます。地方でも取り寄せの依頼がきたり、遠方から買いに来るお客さんもいるほどの人気です。次に人気があるのが、「ネコの舌(ランドクシャ)」で、動物好きにはたまらないラインナップです。地方発送も行っているので、贈答用としても最適です。 商品の知識が豊富なスタッフ。ケーキ選びに迷った時は気軽に相談できる カペル洋菓子店さんにはシェフや販売スタッフ2、3名がお客さんの対応をしてくれます。スタッフは全員、商品知識が豊富なので、どのケーキがいいか迷ってしまった時も、スタッフに聞いてみればおすすめやシーンに合わせた商品へのアドバイスなども気軽に教えてくれます。また気取らず分かりやすく教えてくれるので、いっそう楽しくケーキ選びができ、いい買い物ができたと満足して帰ることができます。スタッフは清潔さにも気を配っていて、爪は少しでも伸びてきたら切り、お客さんに不快な思いをさせないよう細心の注意を払っています。清潔な店内に、クリーンで心配りのあるスタッフが、このお店の質を上げています。もちろん商品への注意も心がけていて、ショーケースコーナーは色のバランスを考えてパッと見て、かたよりや見栄えに問題がないか客観的に考えています。焼き菓子コーナーにおいても、賞味期限のチェックを行い、味の変化に敏感に対応しています。目の届かないところまでお客さんのために努力をおしまないケーキ屋さんです。

  • 店名

    カペル洋菓子店 (カペルヨウガシテン)

  • 住所

    神奈川県川崎市宮前区野川254-102

  • 営業時間

    日曜日:10:30〜20:00, 月曜日:休業日, 火曜日:10:30〜20:00, 水曜日:10:30〜20:00, 木曜日:10:30〜20:00, 金曜日:10:30〜20:00, 土曜日:10:30〜20:00, 祝日:10:30〜20:00

  • 定休日

    月曜日

  • アクセス

    梶が谷駅からバスで7分、東急バス「上野川」停留所より徒歩1分

  • 駐車場

    なし

  • 情報提供元:EPARKスイーツガイド